柳城の歴史

創立122年
東海地区で一番歴史ある保育者養成校として
今も保育の最先端です。

  • 1898年(明治31年)
    カナダ聖公会宣教師のマーガレット・ヤングが保姆養成開始
  • 1899年(明治32年)
    柳城幼稚園設立
  • 1910年(明治43年)
    校名を柳城保姆伝習所とする
    柳城幼稚園を白壁町に移転
  • 1924年(大正13年)
    柳城保姆養成所と改称
  • 1928年(昭和3年)
    瑞穂幼稚園を設立
  • 1941年(昭和16年)
    カナダ宣教師団第2次世界大戦で帰国
  • 1945年(昭和20年)
    第2次世界大戦により養成所・柳城幼稚園焼失
  • 1950年(昭和25年)
    保姆養成所を現在地に新築・移転
    幼児教育研究所を併設
    柳城幼稚園を現在地に再建
  • 1953年(昭和28年)
    柳城女子短期大学設立
    初代学長にフランシス・ホーキンス就任
  • 1978年(昭和53年)
    創立80周年
    附属豊田幼稚園設立
  • 1987年(昭和62年)
    創立90周年
  • 1996年(平成8年)
    名古屋柳城短期大学と改称
    St.Mary's College,Nagoyaと称する
  • 1997年(平成9年)
    専攻科保育専攻(2年課程)設置
  • 1998年(平成10年)
    創立100周年
    専攻科介護福祉専攻(1年課程)設置
  • 2000年(平成12年)
    専攻科男女共学制導入
    附属三好丘聖マーガレット幼稚園設立
  • 2001年(平成13年)
    保育科男女共学制導入
  • 2003年(平成15年)
    短大創立50周年
  • 2008年(平成20年)
    創立110周年
  • 2018年(平成30年)
    創立120周年
    カフェ棟完成
  • 2019年(平成31年)
    介護福祉専攻科廃止
  • 2020年(令和2年)
    名古屋柳城女子大学開学
    大学初代学長・短大第10代学長 菊地伸二就任