名古屋市昭和区役所並びに名古屋市昭和区社会福祉協議会との相互連携

2021年03月31日 お知らせ
名古屋市昭和区役所並びに名古屋市昭和区社会福祉協議会との相互連携に関する協定調印式が行われました。

2021年3月23日(火)本学において、名古屋市昭和区役所並びに社会福祉法人名古屋市昭和区社会福祉協議会と名古屋柳城女子大学・名古屋柳城短期大学との相互連携に関する協定調印式が行われました。
連携の主な内容についてはそれぞれ以下のとおりです。

<昭和区役所との主な連携内容>
包括的な連携のもと、まちづくり、文化の振興など多様な分野において相互に協力し、地域社会の発展に寄与することを目的とする。
 具体的な連携協力事項は以下のとおりです。
(1)子育て支援をはじめとするまちづくり及び地域の活性化に関すること
(2)地域の文化・芸術の振興に関すること
(3)人材育成に関すること
(4)その他必要と認める事項

<名古屋市昭和区社会福祉協議会との主な連携内容>
 包括的な連携のもと、地域福祉の推進に係る多様な分野において相互に協力し、誰もが誰かの力になれる地域づくりの推進・発展及び人材育成に寄与することを目的とする。
 具体的な連携協力事項は以下のとおりです。
(1)地域共生社会の実現に向けた地域づくりに関すること
(2)地域福祉活動の推進に関すること
(3)人材育成に関すること
(4)その他必要と認める事項

調印式は名古屋市昭和区役所との相互連携に関する協定調印式とあわせて行われました。穏やかな雰囲気の中、名古屋市昭和区役所区長、名古屋市昭和区社会福祉協議会会長、本学菊地伸二学長をはじめとする、三者関係者が出席して行われました。
名古屋市昭和区役所様とは、従前より柳城生の昭和区民祭り参加など様々な関わりはありましたが、この協定を機に地域活性化に寄与する活動をさらに充実させていきます。
また、名古屋市昭和区社会福祉協議会様とは、従前より本学ゼミナール活動である子育てサロンの運営や認知症カフェの運営で連携はありましたが、この協定を機に地域福祉の活性化に寄与する活動をさらに充実させていきます。