教員詳細情報

片山 伸子(かたやま のぶこ)

職名准教授
学歴・経歴立命館大学大学院 文学研究科心理学専攻 博士課程後期課程修了 博士(文学)
大阪国際児童文学館 任期付専門員(平成14年9月~平成17年3月)
京都大学文学研究科 非常勤研究員(平成17年10月~平成20年3月)
東京福祉大学社会福祉学部保育児童学科 専任講師(平成24年4月~平成27年3月)
名古屋柳城短期大学保育科 准教授(平成27年4月~令和2年3月)
令和2年4月より名古屋柳城女子大学 勤務
担当科目《こども学科》発達心理学 教育心理学 子ども学フィールドワークⅠ
《 短 大 》発達心理学 教育心理学 子ども家庭支援の心理学
《 専攻科 》発達心理学研究 教育心理学研究
専門分野発達心理学
研究分野幼児期の言語・認知発達
研究内容大学院の時期を通じて、幼児期の言語発達、特に文字の書きの発達について研究してきました。
研究員として、乳児期の絵本に関する調査研究、乳児期の社会性、社会的知覚に関する研究に関わってきました。
また自治体の職員の方と地域の保育園に巡回相談に出かけ、保育園、幼稚園といった集団の中での子どもの育ちについて学びました。
現在は、幼児から児童期の書き言葉の習得や、概念とコミュニケーションの関係について検討していきたいと考えています。

主な業績

  • 1.「ロボットを通じて探る子どもの心 ディヴェロップメンタル・サイバネティックスの挑戦」
      板倉昭二・北崎充晃(編著).ミネルヴァ書房,2013.(分担執筆)
  • 2.「生活事例からはじめる保育の心理学」
      宮川萬寿美・神蔵幸子(編著).青踏社,2015.(分担執筆)
  • 3.「子ども家庭支援の心理学」
      青木紀久代(編著) みらい 2019年
  • 4.「新奇物に対するネーミングの分析に向けて」
      名古屋柳城短期大学研究紀要 40 2018年(共著)
メッセージ

子どもと共に発達する保育者に

人は生涯にわたって人と関わり、自らを発達させる存在です。子どもたちが発達することは、子どもと関わるみなさんも発達するのです。教員も学生のみなさんと関わる中で発達します。
子どもたちの発達特性を理解し、共に発達できる保育者を目指して、仲間との関わりを大切にしながら学んでほしいと思います。