カリキュラム

子どもとともに成長することで
見えてくる未来がある。

本学では、卒業までに以下の3つの力を修得します。

  1. 1相手を思いやる共感力と人間性を兼ね備え、保育の知識・技能を身につけ活用できる「人間力・社会人力」
  2. 2保育者としての使命感を持ち、専門的な知識や技能を身につけた「保育者としての職業人力」
  3. 3保育実践現場で反省的な視点を見失うことなく、状況や課題を的確に捉え、相手との関係を築きながらしっかりとした対応や支援を創造することができる「保育・子育て支援の創造力」です。

この3つの力を身につけることで、保育現場で生涯にわたり中心的存在として活躍することができます。

子どもとともに成長することで見えてくる未来がある。
保育者を目指して成長する4年間

特色ある教育課程

保育の日常の中で子どもと触れ合う体験を重ね、その体験をもとに仲間と共に振り返りながら学ぶ、特色ある教育課程が用意されています。

カリキュラム

  前期 後期 前期 後期
教養教育課程 教養基幹科目 キリスト教概論
倫理と人間
キリスト教人間学 多文化共生  
人文・社会・自然科学 スポーツと健康 福祉と人間
生命と人間
スポーツとレクリエーション実技Ⅰ
日本国憲法Ⅰ
スポーツとレクリエーション実技Ⅱ
心理と人間
異文化理解
外国語科目 英語基礎Ⅰ 英語基礎Ⅱ    
ICT・研究支援科目 情報基礎Ⅰ
調査・統計法Ⅰ
情報基礎Ⅱ 調査・統計法Ⅱ  
専門教育課程 専門基幹科目 現代子ども学
発達心理学
保育原理
教育心理学
教育原理  
専門発展科目 社会福祉
幼児と環境
保育者論
子ども家庭福祉Ⅰ
幼児と健康
保育内容指導法 総論
保育内容指導法 環境
乳児保育Ⅰ
幼児理解と教育相談
子ども家庭支援論
子どもの保健
教育課程論
幼児と人間関係
幼児と言葉
幼児と表現
乳児保育Ⅱ
子ども家庭支援の心理学
社会的養護Ⅰ
子どもの健康と安全
保育内容指導法 言葉
保育内容指導法 表現
専門技能科目
子どもの音楽基礎
保育技術演習
 
子どもの音楽表現Ⅰ
子どもの造形基礎
子どもの造形表現
専門実習科目       保育実習Ⅰ
(保育所)
(1~2月 10日間)

保育実習指導Ⅰ
(保育所)

教育実習Ⅰ
(11~12月 10日間)

教育実習指導Ⅰ
専門演習・研究科目
子ども学フィールドワークⅠ
 
子ども学フィールドワークⅡ
 
  前期 後期 前期 後期
教養教育課程 教養基幹科目        
人文・社会・自然科学   数学と生活
美術と文化
日本国憲法Ⅱ
子どもと哲学
子どもと文化
音楽と文化
言葉と文化
外国語科目 英語実践Ⅰ
ポルトガル語基礎Ⅰ
韓国語基礎Ⅰ
中国語基礎Ⅰ
英語実践Ⅱ
ポルトガル語基礎Ⅱ
韓国語基礎Ⅱ
中国語基礎Ⅱ
   
ICT・研究支援科目 論文作成とプレゼンテーション 論文作成法    
専門教育課程 専門基幹科目   社会と子どもの教育    
専門発展科目 子育て支援
特別支援教育Ⅰ
子ども家庭福祉Ⅱ
社会的養護Ⅱ
保育内容指導法 健康
保育内容指導法 人間関係
多文化共生教育
キリスト教保育
特別支援教育Ⅱ
子どもの食と栄養
教育方法・技術
多文化保育
   
専門技能科目
子どもの音楽表現Ⅱ
子どもの身体表現
障がい児者援助技術
     
専門実習科目 保育実習Ⅰ
(施設)
(6~7月 10日間)

保育実習指導Ⅰ(施設)
保育実習Ⅱ
(保育所)
(11~12月 10日間)

保育実習指導Ⅱ
教育実習Ⅱ
(5~6月 10日間)

教育実習指導Ⅱ
 
専門演習・研究科目
子ども学フィールドワークⅢ
 
子ども学研究ゼミナール
卒業研究
保育・教職実践演習(幼)

1年次 前期 時間割例

 
1限 幼児と環境 子ども学
フィールドワークⅠ
発達心理学 スポーツと健康  
2限 情報基礎Ⅰ キリスト教概論   保育技術演習
3限 子どもの音楽基礎 社会福祉 現代子ども学 調査・統計法Ⅰ 英語基礎Ⅰ
4限       倫理と人間  
5限          

1年次 後期 時間割例

 
1限 保育内容指導法
環境
子ども学
フィールドワークⅠ
キリスト教人間学 幼児と健康 英語基礎Ⅱ
2限 情報基礎Ⅱ 保育内容指導法
総論
教育心理学  
3限 子どもの音楽基礎 生命と人間   保育原理 子ども家庭福祉Ⅰ
4限     スポーツと
レクリエーション実技Ⅰ
福祉と人間 保育者論
5限